ロボットハンドリング機能付きテストシステム

ロボットハンドリング機能付きのテストシステムROBOCheck VRC 950シリーズでは、SCARAまたは6軸ロボットを使用してすべての部品ハンドリングが行われます。このロボットは、検査基準要件に従って、また必要に応じて、検査対象物をさまざまなカメラや検査ステーションに正確に配置します。複数の特性を1回のテストサイクルで取り込めるため利点です。

個別の検査および選別機能

  • 複雑な検査タスクおよび表面検査

製品グループ

バンジョーボルトなどの旋削部品の外面に関するアプリケーション

機器特長およびオプション

  • 24インチ タッチスクリーンによる快適な操作性
  • 1600万画素の解像度を持つ最大8つのマトリックスカメラおよびラインスキャンカメラ(白黒またはカラー)
  • LEDフラッシュ照明、透過光および反射光(テレセントリック、同軸、拡散)
  • Trevista反射光ドーム型照明ユニット
  • 部品ハンドリング用のSCARAまたは6軸ロボット
  • レーザー光バリアによるトリガ
  • 伸縮式トレイ(キーボードおよびトラックボール付き)
  • 制御盤および19インチUSP
  • CAQ接続
  • リモートメンテナンスが可能

Trevista はキスラーのグループカンパニーSAC社の登録商標です。

メリット

個別の部品ハンドリング

1回のテストサイクルで複数の特性を取り込み可能

お問合せ
(max 25 Mb)