パンチング加工の連続材料用テストシステム – KVC 620/621

KVC 620/621は、連続生産部品の100%検査のための汎用的かつ自律型ビデオ測定システムです。このシステムでは、透過光および反射光を使用した複雑なタスクを実現するために、統合された制御および画像処理コンポーネントが高速かつ個別に調整可能な処理速度に対応することが重視されています。

連続材料用のKVC 620/621テストシステムは、超小型バージョン(省スペース用)や拡張設置スペースバージョン(例:追加カメラ格納またはマーキングレーザー統合用)など、各種サイズが用意されています。

個別の検査および選別機能

  • 従来の寸法検査
  • 散発的に発生するエラーの完全な輪郭追跡
  • 表面欠陥の検出
  • 個別に調整可能なエラー応答

製品グループ

アプリケーションには、以下のためのパンチング、ラミネーション、亜鉛めっき、射出成形ライン、および巻戻しプロセスが含まれます。

  • オーバーモールドパンチプレス加工コンタクト
  • 成形プラグコンタクト
  • フラットパンチプレス加工コンタクト
  • リードフレーム

機器の特長およびオプション

  • 24インチ タッチスクリーンモニタによる快適な操作性
  • 1600万画素の解像度を持つ最大6つのCCDマトリックスカメラおよびラインスキャンカメラ(白黒またはカラー)
  • LEDフラッシュ照明、透過光および反射光(テレセントリック、同軸、拡散)
  • レーザー光バリアによるトリガー
  • センサによるループ制御、または各マシンサイクルのインクリメント制御
  • 調整可能なストリップガイド(プログラム可能なサーボ駆動装置付き)
  • 伸縮式トレイ(キーボードおよびタッチパッド付き)
  • 制御盤内蔵(USP付き)
  • リモートメンテナンスが可能
メリット

限りなく100%品質管理

プロセスの信頼性

生産性の向上

リソースの最適化

お問合せ
(max 25 Mb)