テストオートメーションの統合ソリューション

全般的な画像処理タスクのためのコンパクトシステム

コンパクトシステム(KVC 42xシリーズ)など、Kistler製テストオートメーションの統合ソリューションは、完全な自動化テストシステムがなくても、既存の生産ラインにモジュールとしてカメラステーションを直接統合することが可能です。このソリューションには、画像処理用の産業用PCと制御盤ユニットが必要で、これらは1つのハウジングに組み込まれています。

この配置は、ユーザに複数の利点をもたらします。

  • 産業用の打抜き部品や旋削部品の製造、および全般的なオートメーションにおけるさまざまなアプリケーション向けの現在の画像処理ソフトウェア機能を無制限に使用可能
  • コンパクトなサイズと業界標準の周辺機器により、既存の生産ラインへの統合が容易
  • 統一されたユーザインタフェースとメニューインタフェース
  • 追加の外部ネットワークコンポーネントは不要
  • KVC製品ラインで互換性のある画像処理コンポーネントとIPC

限りなく100%管理 – より複雑な検査にも対応

テストオートメーション用の追加の統合ソリューションとして、キスラーはKVC 350自動化テストシステムを提供します。このシステムは、複雑な締結部品の検査に最適です。これには、リニア軸によって連続的に接近する複数の検査ステーション(主にカメラベース)が含まれています。基本バージョンでは、良品のワークホルダへの供給および取り外しは手動で行われますが、この操作は、適切なハンドリングシステムを使用することでいつでも自動化できます。

高度な検査および選別機能

  • 寸法検査
  • 360° 外面検査
  • Trevista反射光ドーム型照明ユニットによる表面検査
  • 硬度の検査
  • プリンタによる良品の識別

製品グループ

プリローディングボルトなどの複雑で安全にかかわる締結部品


Trevista はキスラーのグループカンパニーSAC社の登録商標です。

メリット

既存の生産ラインへの統合が容易

1回のテストサイクルで複数の特性を取り込むことが可能

お問合せ
(max 25 Mb)