単一部品連続検査用の自動検査・選別システム – KVC 120

自動検査・選別システムKVC 120シリーズは、小型の旋削部品、プレス部品、成形部品の高い処理量を保証します。部品の形状および検査タスクに応じて、ここでは傾斜面の原理が適用されます。統合された、制御可能な振動式コンベヤにより、検査対象の部品を、そのサイズと重量に応じて供給します。

個別の検査および選別機能

  • 従来の寸法検査
  • 散発的に発生するエラーの完全な輪郭追跡
  • 表面欠陥の検出

機器特長およびオプション

  • 検査速度は最大250個/分
  • 24インチ タッチスクリーンによる快適な操作性
  • 1600万画素の解像度を持つ最大4つのCCDマトリックスカメラ(白黒またはカラー)
  • LEDフラッシュ照明、透過光および反射光(テレセントリック、同軸、拡散)
  • 部品供給用の調整可能な振動式コンベヤ
  • 切りくずセパレータ付き分離装置
  • レーザー光バリアによるトリガ
  • 伸縮式トレイ(キーボードおよびトラックボール付き)
  • 制御盤および19インチUSP
  • CAQ接続
  • リモートメンテナンスが可能
メリット

限りなく100%品質管理

プロセスの信頼性

生産性の向上

リソースの最適化

お問合せ
(max 25 Mb)