テストオートメーション

テストオートメーション – 効率的なエンドツーエンド品質監視のためのソリューション

今日の製品およびその製造プロセスに関する要件を順守するためには、品質と効率を継続的に改善する必要があります。テスト自動化により不良品防止と部品の品質保証の両面を達成します。― キスラーは常に付加価値を大切にしています。

テストオートメーションとは、生産ラインまたはスタンドアロンソリューションにおいて、大量生産の場合に自動化テストシステムを使用して連続生産部品の効率的な100%検査および選別を行うことです。テストオートメーションにより部品の品質を保証し、不良品を防ぐことができるだけでなく、カメラベースの画像処理からの検査結果によって、生産を最適化するための識別をすることも可能にします。それにより、ユーザはさらなる付加価値を得ることができます。

お客様に指定された検査タスクを調査するため、当社の画像処理ラボで実行可能性分析を行います。

テストオートメーションの利点:

  • 当社の画像処理ラボにおける検査タスクの実行可能性分析を含む詳細なアドバイス
  • 連続生産部品の100%検査
  • 大量な生産量および迅速なサイクルタイム
  • プロセスの信頼性向上および工程効率の最適化
  • 品質データの包括的な記録および伝送
  • 品質コストの削減
  • プラント効率の向上および総所有コスト(TCO)の低減
  • 迅速な償却(RoI)

テストオートメーションの製品ラインナップに加えて、Kistlerは連続生産される量産部品用の特殊なレーザーマーキングシステムも提供しています(オンザフライマーキング)。その目的は、製品のトレーサビリティ要件を満たすためです。専用ソフトウェア、高性能産業用コンピュータ、高効率の制御により、取得した品質データや統計的評価に直接アクセスすることが可能です。こうした機能のおかげで、当社の自動化テストシステムは、インダストリー4.0の実装において重要な役割を果たします。

こちらも合わせてどうぞ

イベント&展示
Hall 4.1C-125 National Exhibition and Convention Center, Shanghai,China
ChinaPlas 2020
A2 Forum, Rheda-Wiedenbrück, Germany
KUTENO – Kunststofftechnik Nord 2020
Aachen, Germany
International Colloquium Plastics Technology 2020
幕張メッセ, Japan
国際プラスチックフェア
Booth B-01:30, Svenska Mässan Göteborg Sweden
Scanautomatic 2020
Booth 521, Rosemont, IL, USA
The Assebmly Show 2020
Booth 1130, Minneapolis, USA
MD&M Minneapolis 2020
Parma Fairground, Parma, Italy
MECSPE 2020
München, Germany
Automatica 2020
News
2020/03/24
名古屋ものづくり ワールド 2020(機械要素技術展;M-Tech名古屋)は2020年9月9日に延期開催されることが決定いたしました。
2019/10/25
At Blechexpo in Stuttgart, Kistler presents automated test systems for quality assurance of series parts and forming processes
2019/04/18
A renowned manufacturer of electrical appliances trusts testing and sorting systems by Vester to improve its quality.
お問合せ
(max 25 Mb)