クリンチングプロセスモニタリング

接合モニタリング - クリンチング工程を常時コントロール

クリンチング工程は、シート材のレイヤ間に正極性接続を生じさせ、金属フィラーを必要としません。統合された力と変位の関係または力の経時変化モニタリングを実装することで、クリンチング工程の包括的な品質保証が可能になります。近い将来には、新たな品質特性として、クリンチングポイントの残厚も判定できるようになります。他のすべての工程データと同様に、このパラメータの視覚化と評価によって有益な情報を得ることも可能です。 キスラーのクリンチモニタリングの利点:

  • 柔軟に導入可能な圧電センサ技術
  • インプロセス評価を統合
  • 過負荷保護を備えたセンサ
  • 組み込みが簡単

クリンチング工程の包括的な品質保証のための正確なモニタリングソリューションをお求めの場合は、是非弊社にお問い合わせください。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

品質管理
工程の信頼性を向上
生産性を向上
リソースを最適化
製品を簡単に統合可能

Services

現場での迅速なサービス

Our experts are happy to assist and advise.

センサのライフサイクルを通じて正確な計測を実現

お問合せ
(max 25 Mb)