ComoDataCenter:生産データを集中保存

ComoDataCenterは、すべてのComoNeoシステムを相互にネットワーク化し、実行中および完了したジョブから得たプロセスデータと品質に関係する重要な生産データを集め、データバンクに保存します。

ComoDataCenterを活用すれば、ユーザーは個々の射出成形機のステータスを把握できるだけでなく、工場全体の生産のモニタリングとプロセス解析を行えるようになります。たとえば、相対的に高い稼働パフォーマンスを挙げているのはどの成形機か、逆に稼働パフォーマンスが劣るのはどの成形機かを速やかに調べることができ、 データはウェブブラウザを使って、またはモバイル端末を利用していつでも閲覧できます。

ComoDataCenterに蓄積された過去の膨大なデータから、あらかじめ定義したフィルタを通して素早く簡単に検索できるほか、 生産ジョブや生産バッチの多段検索を手早く行うこともできます。工程のばらつきと不良品排除サイクルの詳細解析のために、ComoDataCenterには多様な評価機能が用意されています。

お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
利点

収集したプロセスデータを集中的に保存可能

工程のばらつきを速やかに検出可能

過去および進行中の生産を詳細に解析し、統計的に評価可能

すべての金型設定データを保存・管理

お問合せ
(max 25 Mb)