ねじの摩擦係数測定機

二つ以上の部品をボルトで結合することは理論上単純なことですが、多くの場合シリーズの組み立てでは課題が提示されます。

この検査システムの目的は長期にわたるサイクルで一貫して高品質を維持することです。摩擦係数、予圧力、ボルト接手のトルクなどの機能特性は、生産工程で最も重要な品質要因の一部です。そして、それが最初から最後まで完全に検証され文書化される必要があります。キスラーの柔軟性の高いモジュール式検査システムは、ねじ締結プロセスの測定と制御からプロセスパラメータの包括的な文書化まで、個々の締め付けの機能特性を測定します。

検査システムの利点

  • 低コスト
  • 締め付けの最適化
  • ねじ締結プロセス効率向上
  • 完全な文書化
  • 製造物責任訴訟からの保護
  • 再現可能な検査プロセス
  • 追跡可能な結果
  • 基準遵守
お問合せ
Kistler Japan Co., Ltd.
Sales Representative
お問合せ
(max 25 Mb)