キスラーが革新的な宇宙技術の試験装置の開発でCSEMをサポート

人工衛星の姿勢制御用の磁気軸受に関する研究の一環として、CSEMの2人のエンジニアは、キスラーの動力計を使用して磁気軸受を用いたリアクションホイールの擾乱を捉えています。高精度の擾乱測定結果に基づき、全回転数範囲における同期回転振動のアクティブ制御を行う制御アルゴリズムを評価できるようになりました。このアルゴリズムにより、外乱と消費電力を抑えつつ、回転速度を上げることが可能になります。

CSEM(Centre Suisse d'Electronique et de Microtechnique)はスイスのヌーシャテルに本社を置き、技術革新に取り組んできた組織で、2019年に創設35周年を迎えました。その科学ネットワークは時計業界とも深い結びつきがあり、長年にわたり欧州の多様性に富んだ研究・技術開発拠点として、大学および企業にとっての価値あるパートナーとして成長を続けてきました。CSEMは非営利組織で、現在は様々なアプリケーション分野を専門とする500人以上の研究者やエンジニアが働いています。再生可能エネルギー、バイオメディカル技術、マイクロシステム、産業オートメーション、量子技術、レーザー技術、科学計測などの分野のほか、積層造形、コンプライアントメカニズム、磁気浮上アクチュエータといった宇宙工学向けの新しい技術の開発を進めています。

革新的な宇宙技術開発の進歩

CSEMは、宇宙技術の分野で長年にわたり欧州宇宙機関(ESA)のパートナーを務めてきました。この共同研究の中心となった課題の一つが人工衛星の構成物から発生する振動の除去で、これはESAの中期戦略の一部にもなっています。人工衛星の姿勢制御の精度限界のほか、この擾乱もエネルギー消費量の増大と画質の低下(可視化ミッションの場合)につながるためです。

振動源またはペイロードにおける望ましくない振動を抑制する方法は様々で、その手法を探るために、CSEMでは現在、数値モデル、アクティブ・パッシブ制振、アルゴリズムベースのノッチングを中心とした複数のプロジェクトが進められています。CSEMとパートナーたちはこのようなプロジェクトのひとつである、磁気浮上を利用した革新的な技術に取り組んでいます。CSEMの擾乱研究センター長を務めるLeopoldo Rossini氏はこう述べています。「測定技術の面でキスラーにサポートしてもらったことで、磁気軸受を用いたリアクションホイールの試作品を試験することができました。スイスのCeleroton社が提供するこの技術には、摩擦がないこと、製品寿命が実質無限であること、望ましくない振動のアクティブ制御が可能であること、高性能化と高速化を期待できることなど、数多くの利点があります。」

低振動の人工衛星構成物

CSEMのエンジニア陣は、キスラーの測定システムを使用してリアクションホイール試作品の擾乱を分析しました。このために特別に開発された動力計は、2枚のスチール製プレートの間に4つの3成分力センサをサンドイッチ状に配置し、機械的な堅牢性を最大限に高めた設計となっています(図を参照)。環境の影響をできる限り排除するために、この測定装置は、4つの空圧式アイソレータの上に吊り下げた堅牢なブロックに取り付けられました。擾乱はmN単位の微小な振動であるため、極めて低ノイズの高感度測定システムが必要になります。さらに、リアクションホイールの他、測定目的に合わせて、ステッピングモータやクライオクーラなどの様々なアクチュエータを測定テーブルに配置できるようにしてあります。

磁気浮上させたリアクションホイール試作品の場合、回転数範囲は‒20,000~20,000rpmとなりました。これにより、稼働中に発生する主な振動を抑制できる多重高調波の力除去アルゴリズムの効果を完全に評価することができました。CSEMの研究開発エンジニアのGuzmán Borque Gallego氏はこう述べています。「磁力で浮上させるため、物理的に接触することがなく、それによる非常に興味深い発見がいくつかありました。ロータの配置に制約がなく、自由に調整できるため、振動を最小限に抑えることができます。たとえば、慣性主軸を中心に回転させてロータアンバランスによる振動を抑制できれば、振動の発生をゼロに近い値に低減することが可能になります。」

キスラーの計測機器は理想的で、非常に質の高い結果を導き出してくれました。

Guzmán Borque Gallego(CSEM研究開発エンジニア)

 

高精度のリアルタイム測定で閉ループ制御を実現

Borque Gallego氏はさらにこう述べています。「私たちが測定しているのはmN単位どころではない、μN単位の微小な力なのですが、それでも差異を確認することができました。そのため、すべての測定値を的確に評価することができ、高品質なデータの取得につながりました」。データの収集は高速処理に対応した20kHzの試作システムで行い、高精度の測定結果によって制御アルゴリズムの効果をはっきり確認できました(図を参照)。Rossini氏はまた、「測定結果の品質について、この類のデータに関して豊富な経験を持つパートナーやお客様からもポジティブなフィードバックを頂いております。これはまさに、キスラーのサポートなしにはとても達成し得なかった成果です。たとえば計測装置の選定から最適な測定システムの構築まで、アプリケーションスペシャリストのReinhard Bosshardさんにはさまざまな観点からサポートして頂きました」と付け加えました。

研究者達は当初、デジタル出力を備えた最新のLabAmp(ラボアンプ、型式5167A)を使用する予定でしたが、最終的に選んだのは、入力時のノイズが非常に低く、より高精度の測定値が得られるチャージアンプ(型式5080A)でした。「今回、ESAおよびドイツのパートナーがすでに適格性確認のためにキスラーの新しい技術を導入していたため、私たちもそれを採用することができて幸いでした」とRossini氏は述べ、さらにこう続けました。「この装置は非常に堅牢で、設定した制限値を超える応力がかかっても故障することはありませんでした。まさにその性能が実証されたと言えるでしょう。すでに振動評価の分野ではキスラーの加速度計を使用していますが、今後のプロジェクトにもキスラーの製品を必ず使用するつもりです。」

宇宙に向かう長い旅路のためにできる限り最善の準備を尽くす

CSEM、Celeroton AG、およびドイツのパートナーによって開発された磁気軸受を用いたリアクションホイール技術は今後、どのように進化するのでしょうか?また、宇宙デビューは近いのでしょうか?「磁気軸受を用いたリアクションホイールの利点は明白です。極めて低振動で、従来のホイールに比べて高速回転です。これはつまり、性能の向上のみならず、小型化、軽量化が見込めるということです。摩擦がないため、摩耗が生じず、ホイールの寿命は実質的に無限です」とBorque Gallego氏は強調します。「これは非常に魅力的なプロジェクトです。引き続き、実用化、試験、そしておそらくはパートナーと共同での検証と、次のステップに進めることを願っています。」

2021/09/14
動力計、研究用チャージアンプおよびソフトウェアによる高精度な測定チェーンにより、客観的な比較試験が可能
2021/09/09
バレンシアのエストゥディオ・デ・ラ・ピサダの足病学エキスパートは、3Dフォースプレートを使って患者とアスリートのための治療法や装具を開発しています
2021/09/09
SRA: Find the best spot and the ideal sensor layout for direct enforcement of overloaded vehicles.
2021/07/02
Two IEPE accelerometers deliver key data for propulsion validation and optimization of flight characteristics even in the stratosphere
2021/06/25
動力計で擾乱を正確に捉えることにより、人工衛星の開発技術を向上
2021/06/02
Zero defect despite high volumes: this is the way quality assurance with Kistler test automation systems works for zinc die casting parts
2021/04/26
A digitally driven brake force measurement system makes the life of service technicians for train maintenance much easier
2021/04/13
Inside "The Atmosphere" at MARIN, 100 of our pressure sensors capture wave impacts under varying environmental conditions
2021/03/22
How MAN Energy Solutions is using sensors from Kistler to make its gas turbines fit for the future
2021/02/08
Measurement technology dedicated to the discipline and biomechanics of pole vault enables high performances
2020/10/05
How does a digital measuring chain for piezoelectric sensors work as part of a complex vehicle test stand?
2020/09/18
Convincing test results: The Ohio Department of Transportation goes on to apply Lineas from Kistler for traffic monitoring.
2020/08/20
Precision is the key to top performance: how measurement technology from Kistler supports the development team at EMUGE-FRANKEN
2020/07/22
Quality assurance solutions by Kistler like ComoNeo ensure highest accuracy at TSP Precision Tooling in Shanghai.
2020/06/09
Kistler supports Ceratizit in the development of HDT. This enables complex geometries to be produced with just one tool.
2019/11/15
Process monitoring systems and cavity pressure sensors from Kistler help to reduce the amount of scrap drastically
2019/10/23
How measurement technology from Kistler contributes toward boosting high-end powertools' quality
2019/08/15
How the ANALYSE system from Kistler is enhancing safety and transparency in the field of fastening technology
2019/07/17
Turkey opts for weight enforcement with WIM technology from Kistler
2019/06/24
For the next manned flight to the moon: safety that can be measured
2019/06/20
Segregation of good and bad parts every 1.5 seconds: process monitoring with Kistler enables high quality for over 5 million parts per year.
2019/05/14
In order to achieve excellent quality for its components and medical devices, Tessy Plastics chose sensors and solutions from Kistler.
2019/04/18
A renowned manufacturer of electrical appliances trusts testing and sorting systems by Vester to improve its quality.
2019/04/02
NFL's Jaguars boost their fitness levels with Kistler.
2019/03/25
By using process monitoring from Kistler, not only the assembly of electric fuses is validated, but even the function of the sensors itself.
2019/03/18
How to determine the fitness level of an athlete efficiently? A practical report on the Quattro Jump force plate system from Kistler.
2018/12/17
Thanks to precise Weigh in Motion technology from Kistler, Hungary's roads are sustainably protected against overloaded vehicles.
2018/11/27
Bang&Clean relies on Kistler's precise measurement of ignition processes and pressure wave propagation
2018/10/10
Sartorius applies the process monitoring system ComoNeo from Kistler and thereby increases the process quality during injection molding
2018/10/08
The Dortmund Technical University tests the new MicroDyn 9109AA cutting force dynamometer from Kistler and breaks new ground for developing its micromachining processes.
2018/08/31
The ZF company operates a software-controlled Kistler fastener test bench with an integrated vibration unit.
2018/08/14
BIG Daishowa, headquartered in Osaka, Japan, is one of the leading producers of tool holders for the machining industry. Each year the company produces over half a million collet chucks. Their products are developed using, among other resources, Kistler’s cutting force measuring device.
2018/07/16
Enhanced quality and efficiency in mobile crane manufacture – thanks to the test stand for torque tools by Kistler
2018/04/11
The world’s largest provider of rail transport technology relies on Kistler’s measurement expertise. Thanks to the only crash wall of its kind in the world, the impact forces of the trains and their components can be precisely measured and analyzed.
2017/11/14
In the development of cooling lubricants, Blaser Swisslube relies on Kistler's measurement expertise.
2017/08/11
Applus IDIADA relies on DTI in-dummy technology from Kistler for Test Device for Human Occupant Restraint (THOR).
2017/01/04
Road safety is a central topic in vehicle development. Through accurate measurements, Kistler helps increase the chance of survival in crashes.
2016/12/22
Kistler makes progress in vehicle development possible
2016/12/22
Kistler Sensor Correvit® SFII measures world record
2016/12/20
Kistler sensors deliver a maximum in data quality under any conditions.
2016/11/07
Kistler pressure sensors enabled the Rosetta space probe to fly for 6.4 billion kilometers.
2016/10/05
Since the end of 2015 FC Basel is using Kistler force plates to reduce the dropout of young talents.
2016/08/17
Kistler makes the difference in the crucial sports moments with its Performance Analysis System for Swimming.
2016/02/19
Determination of Pump Efficiency with Kistler KiTorq Measuring Flange System
2015/11/04
Piezoelectric Measurements with CompactRIO™
2015/06/15
Measurement Solutions for Automotive Test Systems
2015/05/08
Quality Assurance in the Automotive Industry
2015/03/02
How Brose improves the quality of its two-component production and automatically separates defective parts
2014/12/02
The Kistler Group pursues a growth policy that is both ambitious and sustainable – and strategic acquisitions are one of its core elements. ‘Strategic’ means that Kistler deliberately selects companies which can achieve more together with Kistler than they ever could by continuing alone. The takeover of Dr. Staiger Mohilo & Co. GmbH in 2006 enabled Kistler to grow jointly with the acquired company...
2014/12/02
After a ten-year voyage, the Rosetta space probe's Philae landing module finally touched down on the surface of comet ‘Chury’.
2011/08/23
HEWI and its Customers Benefit from Cavity Pressure Technology
2011/02/15
End-to-end process monitoring for critical medical moldings
2011/02/07
Cavity pressure measurement eliminates short shots at Fischer GmbH & Co KG of Sinsheim/Germany
お問合せ
Max 25 MB