キスラーのDTI技術がテストの迅速化と効率化を後押し

衝突試験を行うとなると、自動車開発部門と車両技術部門は準備段階のセットアップとテストの実施のために膨大なリソースの投入を求められます。それとともに実際的なプラグ&プレイ式計測ソリューションに対する要求も大きくなります。キスラーは、未来指向のDTI(Digital Transducer Interface=デジタルトランスデューサインタフェース)技術をベースとする、車両ダイナミクス、タイヤと車両構造の信頼性、車両安全性をチェックするためのトータル計測ソリューションを、他社に先駆けて商品化しました。

キスラーのDTI技術は、テスト車両のセットアップを迅速かつ効率的に行うのに寄与します。センサ群の取り付けに必要なケーブルは1本だけ、これで測定データの伝送と同期化、電源供給をすべて賄います。TEDSを使ってセンサを自動識別できますので、センサの構成は一段と容易になります。センサ取り付け位置、キャリブレーション値、対応する物理的信号の大きさは、キスラーの測定ソフトウェア「KiCenter」が自動的に認識し、テスト現場で設定します。それにより最高度のプロセス信頼性と時間の効率的利用が保証されます。

 

More on this topic

国際的にその名を知られた技術企業がキスラーの技術を利用して実施する最高度の衝突試験についてご紹介します。
続きを読む
無線LANによるデータ伝送とDTI技術によってテスト車両のセットアップが一段とシンプルかつユーザーフレンドリになります。
続きを読む
Do you like the article? Share it on social media!
お問合せ