キスラーグループの計測技術

キスラーの様々なセンサソリューションで利用されている最も重要な技術は、圧電効果として知られる作用に基づいています。この効果により、非常に幅広い計測が可能になっています。弊社はさらに、他の計測原理も選択的に利用しています。 

  • 圧電技術: 特定の水晶に機械的負荷をかけると(水晶に圧力を加えるなど)、負荷に比例した電位変化が生じる現象は、圧電効果として知られています。この効果はセンサ技術に利用され、電位計測によって作用力、圧力、加速度を正確に判定できるようになっています。この効果を利用したセンサは、小型化、温度範囲、力学に関する要件が極度に厳しい計測作業に最適です。圧電センサは、その堅牢性により、最高レベルの周波数を計測でき、数年にわたって使用しても感度が損なわれることはありません。

  • ピエゾ抵抗技術: キスラーのピエゾ抵抗センサは、主にガス、液体、粘性媒質の圧力の静的計測に使用されています。ピエゾ抵抗計測技術では、単結晶シリコンの弾性ダイヤフラムが圧力を受けて湾曲します。半導体レジスタでできた計測用のホイートストンブリッジがダイヤフラム中に拡散され、電源に接続されます。このブリッジは圧力に比例して均衡を失うため、同じく圧力に比例した電圧が生じます。

  • ひずみゲージ技術(ドイツ語のイニシャルである DMS とも呼ばれます): ひずみゲージ技術の動作原理は、金属製ワイヤに力を加えた時の長さの変化に比例して変化する電気抵抗の物理的効果に基づいています。この抵抗の変化は、作用力の指標として使用でき、予圧要素なしに緊張や圧縮の計測を可能にします。キスラーは、ホイール力トランスデューサなどのアプリケーションで、この種の特別なひずみゲージソリューションを使用します。

  • その他の技術: 容量式センサは、主に加速度の計測に使用されます。容量式加速度計の動作原理は、課せられた加速度によるシリコン計測素子の容量の変化に基づいています。光学センサは、速度、距離、スリップ角度、およびその他の安全性関連のパラメータを非接触で計測します。計測結果は、テスト車両の力学分析に使用されます。この目的に使用される Correvit テクノロジーには、試験走路にかかわらず完全に機能するという利点があります。
お問合せ
(max 25 Mb)