Kistler for...Click or tap marked objects 1 2 3 5 4 6 7

動的測定技術で世界市場をリードするキスラーグループ

「可能なことが生じるためには、いつも繰り返し不可能なことが試されなければならない。」と、ノーベル賞受賞者であるドイツ人作家のHermann Hesseは、この真理をすでに知っていました。不可能と思われていたことは、エンジニアとして発明に力を注いでいたWalter P. Kistler(ウォルター・P・キスラー)とHans Conrad Sonderegger(ハンス・コンラット・ゾンドレッガー)も実現していました。1950年に、世界初となる電荷増幅器(チャージアンプ)を発明し、特許を取得したのです。これは当時、圧電素子計測技術を産業で広く応用できることになる画期的な出来事であり、また、その9年後にスイス・ウィンタートゥール(Winterthur)で創業したキスラーグループのサクセスストーリーの根幹となっています。

顧客に寄り添い、ニーズに素早く対応

創業から約60年後の現在、キスラーグループは、圧力、力、トルク、加速度を検出する動的測定技術で世界市場をリードしています。ファミリー経営であるキスラーグループは、数十年にわたって継続的に成長し、純粋なコンポーネントのサプライヤーから出発して産業および科学の強力なパートナーにまで発展しました。製品に加えて、必要な応用知識も提供しています。ずっと今まで、私たちは自分たちのルーツに忠実にあり続け、世界60か所以上の拠点で業務に勤しむ約2,200人の従業員が、日々新しいソリューションを開発し、お客様一人ひとりの用途に合ったサービスを現地で提供しています。

宇宙、競技スポーツ、車両安全などあらゆる分野で、キスラーの計測ソリューションが常に支えています。

  1. 安全な道路のために、キスラー
    過積載車を1台ずつ検挙する、それはもう過去の話です。現在では、このような交通違反者はオービスによって取り締まられています。
    もっと読む

  2. インシュリン投与の正確な分量計測に、キスラー
    「人はみな誰でも間違いを犯す」、それは医療技術ではありえません。インスリンペンの製造不具合は、最悪の場合、患者健康を損なうおそれがあります。
    もっと読む

  3. 自動車衝突の安全に、キスラー
    呆然とする豚、セルフテストで飛散するガラスの破片。20世紀半ばまでは、これが衝突安全テストで見られていた光景です。現在は、ハイテクダミーがこの仕事を引き継いでいます。
    もっと読む

  4. 効果的な治療のために、キスラー
    十字靭帯損傷に対しても高度な技術を採り入れる。高度計測技術を用いて、アスリートや患者に合わせて正確に的を絞ったトレーニングや理学療法がますます普及しています。
    もっと読む

  5. 傾斜でも安定することを確かめるために、キスラー
    旋回したり、押したり、傾けたり、ハンドブレーキなどの制御要素は、自動車に組み立てられる前に、まずその性能を試しています。
    もっと読む

  6. 確実な接続のために、キスラー
    クレーンの旋回アームを保持するボルトが破損すると、生命や身体に危険が及ぶおそれがあります。このような事故が起きないようにするため、キスラーのテストシステムがあります。
    もっと読む

  7. 宇宙での安全に、キスラー
    宇宙ほど技術装置に負担のかかる環境はありません。宇宙船が極限状態に耐えてクルーを安全に輸送できるよう、キスラーのセンサが宇宙船打ち上げ前の信頼性を確かめます。
    もっと読む

 

理解し変化する、世界の明日を導くアイディア

お客様と緊密にやりとりをすることで業界動向を常に把握し、お客様が最高のパフォーマンスと革新を実現するために役立つカスタマイズのソリューションを開発します。計測とは理解することを意味します。そして、理解する人だけが変化することもできます。これが革新の基礎となるものであり、キスラーはそれを一言にまとめた「measure. analyze. Innovate.」を理念にしています。ビッグデータ、データマイニング、「IaaS」(サービスとしての情報)で、新たなビジネスチャンスを切り開くため、私たちはすでに次の段階の開発を進めています。今後も、顧客ならびに従業員と協力しあって、サクセスストーリーに新たな歴史を刻み続けてまいります。

数字でみるKistler

数字で表すこの20年間にわたるキスラーグループの力強い成長は、このサクセスストーリーに新たな歴史を刻み続けるための振り返りであると同時に、今後も邁進し続けるための私たちの動機でもあります。

  • 2019年の売上収益: 466 MCHF; 419 MEUR; 469 MUSD
  • 過去 3 年間の売上収益の平均伸び率:9 %
  • 2019 年の R&D 投資(売上収益に対する割合):7 %
  • 世界各地の総従業員数(FTE)(2020年1月現在):約2,200人
  • 研修生 / 実習生(スイスおよびドイツ):約60人
  • 外部 R&D パートナー(総合大学および単科大学):30所
  • 申請済みおよび取得済み特許:740件

キスラーでの仕事にご興味・ご関心がおありでしたら

キスラーの幅広い専門職と雇用機会を是非ご覧ください。あなたに合う職種が見つかれば何よりです。
最新の弊社採用情報はこちら

ニュース
2020/10/30
医療機器製造のバリデーションを加速する工程監視システムに関するウェビナーのご案内です。
2020/10/30
チャージアンプ 型式5011、5017、5019およびチャージキャリブレータ6907の日本国内における修理および校正サービスを2020年末日で終了いたします。
お問合せ
(max 25 Mb)