光学式センサ

キスラーの光学式センサと誘導型近接スイッチは、プレス加工や成形加工における製品の品質を保証します。

キスラーは、信頼性の高いプロセス制御とモニタリングを実現する、オプトセンサと呼ばれる高性能な光学式センサと誘導型近接スイッチの開発・製造を行っています。安全かつ確実に機能する技術装置、システム、構造は、信頼性の高い効率的な生産プロセスの鍵であり、目的に合ったモニタリングシステムは、信頼性と効率の大幅な改善への道を開くものです。パンチングやフォーミングの工程では、送り出しや排出、2枚取り(金型浸漬深さ測定)などの機能が製品の品質を保証しています。また、用途に合わせたカスタマイズにより、製造工程における高い信頼性と費用対効果を実現します。故障を早期に発見することで、工具の破損やそれに伴う高額な損害も回避できます。

 

光学式センサカタログ英文(PDF)ダウンロードはこちら

カテゴリとフィルタ