風洞試験 - 優れた柔軟性と堅牢性を備えた高精度センサー

風洞試験

抜群の柔軟性と堅牢性を備えた高精度センサ

風洞試験は、物体を通過する空気の効果を研究するために、空気力学の研究者が行います。強力なファンシステムなどによって空気を送り込み、その空気が通過する管状トンネルの中央にモデルを据え付けます。モデルに各種センサを取付け、空気力学的な力、圧力分布、その他の空力パラメータを測定します。スティング構成のモデルには、多くの場合、圧電式の多成分力センサを取付けます。その他の場合は、翼の根元に動力計を取付け、決定的となるフロー条件下で翼の空力弾性挙動を測定します。

キスラーの圧電式センサは、風洞試験に多くの重要な利点をもたらします。剛性に優れているので、固有振動数が高く、モデルのたわみが大幅に減少します。これは、空力弾性の測定や遷音速風洞での測定にとって重要な要素となります。他の測定技術とは異なり、圧電式センサは測定範囲が非常に広いのが特徴です。したがって、1つのセンサで、あらゆる測定範囲、様々な迎え角、多様な翼をカバーすることができます。そのため、セットアップが簡単で、設置コストを最小限に抑えられます。また、頑丈な構造を備えており、過負荷に対して非常に耐力があります。


Key technologies for the application

幅広い周波数応答

キスラーのPiezoStar IEPEテクノロジーにより、温度が25°Cでも -55°Cでも、センサの感度は同じです。

抜群の柔軟性

MEMS容量型センサも、PiezoStarセンサも、超低プロファイルに最適な設計となっています。そのため、狭いスペースでも使用することができます。

非常に頑丈

硬質アルマイトのセンサベースは、接地絶縁を可能にします。これにより、測定信号に大きな電気ノイズ変動を生むグランドループの問題が防止されます。

相談が必要ですか?

私たちの専門家は、クリックするだけでアクセスできます。