You are not authorized to perform this action. Please contact your Administrator if you think this is a mistake.
キスラーは、車両の耐久性試験用にホイールフォースセンサーを提供しています。

耐久性の測定

車両開発者向けトータルソリューション:迅速かつ効率的

完成車とそのコンポーネントの耐久性を調査することは、あらゆる車両開発プロセスにおいて欠かせない部分となっています。寿命、品質、材料の使用に関して、ユーザの期待に応えるには、運転負荷に関する知識を獲得し、それを正確に解析し、それに基づいて正しい結論を導き出すことが不可欠です。

電気自動車(新エネルギー車、NEV)や無人運転車などの新しいパワートレイン。新しいタイプの材料。快適性、安全性、エネルギー効率、その他の側面に関するエンドユーザの認識の変化。開発期間の短縮。こうしたすべての要因により、車両開発者にとっての要件は変化しており、競争圧力も高まっています。

車両のパフォーマンスと開発は、もはやラップタイムと最高速度だけで決めることはできず、今や効率性が決定的な要因となっています。つまり、材料、リソース、時間を効率的に使用するということです。

自動車メーカーは、品質、安全性、エネルギー効率をはじめとする一連の要因について妥協することなく、可能な限り迅速かつ効率的に、自動車の堅牢な設計を開発するという課題に直面しています。

お客様の耐久性設計を完璧なものとするために、当社では信頼性の高い、効率的で持続可能なサポートを提供いたします

  • 1回目の試みで、すぐに利用可能な完璧なデータを取得すること
  • 材料を効率的に使用すること、また決定的な事実に基づいて設計すること
  • 保証事例、リコール、人身事故を避けること
  • モビリティ指数を高め、顧客満足度を高めること

耐久性測定のためのキスラーのハードウェアとソフトウェアによる利点

高精度の測定技術による耐久性の測定は、エビデンスに基づいた信頼性の高いデータを提供する。
安全で持続可能な投資

高精度測定技術による、信頼性の高い根拠に基づく耐久性測定データ            いつでも将来にあわせてアップグレード可能な、モジュール式の機器

車両の耐久性を測定するキスラーのハードウエアとソフトウエアは、その絶対的な信頼性で定評があります。
信頼性

最高品質の測定技術のハードウェアとソフトウェア  25年にわたる耐久性測定に関する専門知識  多くのOEM顧客とのグローバルな成功実績  世界中で利用可能なコンタクトパートナー

特別に設計されたキスラーのハードとソフト、そして迅速なセットアップにより、効率的な車両耐久性測定が可能になりました。
効率

迅速にセットアップ – 同じシステムを使ったデータ収集と検証  耐久性向けに特別に構成されたハードウェアとソフトウェア  世界的なキスラーのサービスネットワークによる現地サポート

RoaDynホイール6分力計とソフトウェアjBEAM Durabilityの機能を活用すれば、車両開発が最適化されます

堅実なデータと明快な検証。この二重の基礎により、車両もしくは単一コンポーネントの耐久性の承認とリリースが完全に立証されます。

キスラーのRoaDynホイール6分力計は、荷重スペクトル測定の一環として路面荷重データを正確に記録することにより、また検証試験中に被試験体への正確な荷重を確保することにより、テスト走行時、そしてテストスタンドにおいてもお客様をサポートいたします。

キスラーのRoaDynホイール力変換器は、車両の耐久性測定の分野で車両開発をサポートします。

キスラーのRoaDynホイール6分力計の利点:

  • ユーザフレンドリーなモジュラー設計
  • SAE J328に基づいて耐久性が試験されているので、コンポーネントの品質が高い
  • 高精度測定:独自のヘキサポッド校正によってリップルとクロストークを最小化
  • 優れたノイズ挙動:センサ内で直接デジタル化
  • フレキシブルなデータ伝送:オンボードか外部伝送かを選択可能  

お客様の用途向けにトータルな測定システムをシングルソースで提供

ホイール6分力計を用いた路上での運転負荷と荷重スペクトルの測定

以下をご希望の場合:
運転負荷を測定すること
堅牢な車両を設計すること
多様な市場(ドイツ、中国、南米など)や多様な環境(都市、陸路/都市間交通など)向けに荷重プロファイルを生成すること
多様な車両摩耗条件下での荷重スペクトルを定義すること

手段:
路面荷重を測定するための測定技術(ホイール6分力計など)を車両に装備すること
あらゆる使用条件での荷重を記録すること
代表的な荷重データを定義すること

キスラーの測定技術 – 推奨装置:

  • RoaDynホイール6分力計
  • 加速度センサ 
  • 歪ゲージ(サービス - リンク利用不可)
  • 変位センサ、温度センサ、力センサ
  • DAQ

テストスタンドでの車両全体または車軸の検証

以下をご希望の場合:

  • ボディ、シャーシ、および振動する内蔵コンポーネントの寿命を検証すること
  • 顧客の使用プロファイルに対応する荷重スペクトルに基づき、車両に荷重をかけること
  • 車両全体または車軸の設計をリリースできるかどうかについて、迅速かつ効率的に報告すること

手段:

  • 車両に測定技術を装備することで、テストスタンドを操作して被試験体を監視できるようにすること
  • ハードウェア・イン・ザ・ループ(HiL)と残存バスシミュレーションを用いて車両システムを正しく動かすこと
  • ホイール6分力計の信号をテストスタンドで反復させること
  • 試験目標に到達するまで、反復信号を再生すること

キスラーの測定技術 – 推奨装置:

  • RoaDynホイール6分力計
  • 加速度センサ
  • 歪ゲージ(サービス - リンク利用不可)
  • 変位センサ、力センサ

タイヤの摩耗、剛性、転がり抵抗の特性評価

目標:

  • 仮想設計用にタイヤモデルを検証すること
  • トラクションを設計し、駆動装置から路面へのエネルギー伝達を計算すること
  • 転がり抵抗を測定し、駆動装置の全体的な効率を特定すること

手段:

  • 特定の操作(たとえばウェットな路面や異なる路面でのブレーキング)中に、路面から車両に加わる負荷を記録すること
  • 測定データを活用してタイヤモデルを最適化すること
  • 走行中に取得したデータとタイヤモデルを使用した、シャーシの最初の仮想設計

装置:

  • ホイール6分力計
  • フォースプレート(Frankにリンクを要求のこと)
  • 測定ハブ とP530 

ユニークで安全な運転体験を作り出す

以下をご希望の場合:

  • 車両のシャーシを特定のドライビングスタイル(スポーティなど)に対応させること
  • 運転中のドライバーに安心感を持ってもらうこと
  • ブレーキシステムの設計の最適化

手段:

  • ISO規格試験中に車両ダイナミクスのパラメータ(横滑り角、ドリフト角、制動距離など)を測定すること

装置:

  • RoaDynホイール6分力計
  • Correvit S-Motion
  • 加速度センサ

伝達経路解析(TPA)を用いて、破壊的な振動と騒音の原因を特定する

以下をご希望の場合:

  • ブランド構築のための独自のサウンドスケープを作ることを目指して、車両のNVH挙動を最適化すること
  • 破壊的な騒音と振動をなくすこと

手段:

  • 加速度センサ、力センサ、マイクロホンを使用して励起と応答を測定すること

装置:

  • キスラーのKiNOVAソフトウェアなどの解析ツール
  • RoaDynホイール6分力計(S660 https://www.kistler.com/de/produkt/type-9248a1/)
  • 加速度センサ(https://www.kistler.com/de/produkte/komponenten/accelerometer-und-beschleunigungssensoren/?pfv_metrics=metric)
  • マイクロホン、インパルスハンマ(型式9726A https://www.kistler.com/de/produkt/type-9726a/)
  • 歪ゲージ(サービス - リンク利用不可)
  • 変位センサ、力センサ(https://www.kistler.com/de/produkte/komponenten/kraftsensoren/?pfv_metrics=metric)

決定的な事実に基づいて堅牢な設計を決定するための、高度な荷重データ解析と評価

堅牢な車両設計を開発する場合に重要な役割を果たすのが、適用される運転負荷の効率的な解析・評価、およびデータの利用可能性を確保できるようにするツールです。当社の解析ソフトウェアjBEAM Durability(製品へのリンク)は、既存の開発プロセスにシームレスに統合されます。これにより、決定のための信頼できる基礎が得られるので、データ評価をより効率的かつ確実に行うことができ、リリースプロセスが簡素化されます。

以下のような状況でjBEAM Durabilityのメリットが得られます。

耐久性の要件を満たすコンポーネントとシステムをリリースすることを希望される場合。また、以下のことを希望される場合。

  • 標準化・個別化され、対象に特化した解析とレポートを用いて、エラーの可能性を最小限に抑えること
  • リリースの基礎として、効率性も備えた有効なエンドツーエンドのドキュメントを生成すること
  • 利用可能な知識をそれぞれ判断するためのインプットとして使用すること

コンポーネントとシステムの耐久特性の試験を担当されていて、そのために以下のことを希望される場合。

  • 包括的な測定キャンペーンにおいて、荷重データを取得し、必要なすべてのセンサが有効なデータを提供することを効率的に確認すること
  • 試験と検査を委託し、そのための試験データを直観的に準備して、繰返し精度を確保すること
  • 試験と検査に関する現状報告書を発行し、多くの時間を費やさずに、一貫して高品質の報告を行うこと

耐久性に関して測定データを解析・評価する際に、以下のことを希望される場合。

  • 行動に関する推奨事項を提供し、有効な手段とアルゴリズムを必要とする結論を導き出すこと
  • 複数の部門をまたいだ複雑な解析が同等になり、また同じ基準に基づくようにすること
  • 基盤となるデータについて自発的に、的を絞って、また普遍的な情報に基づいて議論できるようにする意思決定テンプレートをつくること

機能リストからの抜粋:

  • 損傷累積およびカウント法(レインフロー法、レンジペアカウント法、レベルクロッシング法など)
  • いつでも計算が同じように実行されるよう、グループや部門をまたいでグローバルに調整可能なパラメータ
  • 信号検証ツール(ドリフト、オフセット、スパイクの補正など)
     

について詳しくはこちら