Kistler delivers force and pressure sensors as well as dynamometers for marine propulsion and ship propeller investigations.

船舶推進性能の検証と最適化

船舶のプロペラ検証では、動作効率、プロペラ設計、静音性など、さまざまな側面に焦点を当てます。回転するプロペラのダイナミクスを伴う推進システムは、振動だけでなく、放射される水中音響効果も引き起こします。これらのファクタの精密な測定を可能にするために、キスラーでは圧力センサおよび荷重センサ、さらにはカスタマイズした動力計も提供しています。

プロペラは不均一流中で動作し、プロペラ推力や潜水船船体の境界圧力などのパラメータが変動し、その結果、著しい音紋を発生させることがあります。プロペラは船体上に周期的な脈動圧を生成します。プロペラブレードで時々発生するキャビテーションが、これらの力を大幅に強めてしまいます。

キャビテーション分析に加えて、プロペラシャフトに作用する力とトルクを検証するためのオプションには、静的テストベンチ、キャビテーショントンネル、曳航水槽または波プールでのプロペラモデル試験などがあります。キスラーでは、効率的な船舶推進性能の検証と最適化を実現するため、用途に適したセンサとカスタマイズされた動力計を提供しています。

高い固有振動数

回転装置では、試験物と条件(例えば回転速度の倍数)を高調波の相関として特徴付けるため、より高周波帯域の力とモーメントの測定が必要になる場合が多々あります。例えば、3,000 Hzの固有振動数は、1,000 Hzの10%周波数となります。 電荷型圧力測定では、キャビテーション特性を評価するためのより広範囲な周波数範囲(>300 kHz)に対応します。

測定レンジを自由に設定できる

圧電式の測定技術では、高分解能で準静的測定と動的測定の両方が可能であり、外部チャージアンプを使用して測定範囲を自由に設定できます。例えば、力とモーメントの不安定さは、高い静圧条件下における低レベルの動的特性で現れると考えられ、これは高い再現性で容易に測定可能です。 電荷型圧力センサの測定では同様のレンジ可変性を備える一方、IEPE圧力センサの測定レンジは固定されます。

柔軟性

1成分および多成分力センサを使用して、特定用途の要件を満たす動力計を製作することができます。要件の変化に合わせた様々な動力計を設計できる、十分な柔軟性があります。圧電式圧力センサは、センサダイヤフラムの直径が小さいため、単独で取り付けることも複数のセンサを近くに並べて配置することもできます。