キスラーは海事産業のお客様に、船舶用エンジンや大型定置式エンジンの監視、流体力学試験用のセンサー技術を提供しています。

海事産業

海事および海軍用途の測定技術

キスラーの海事および海軍用途向けの圧電測定技術は、航海での効率向上や資源の有効活用などの重要な目標を達成するために役立ちます。世界で輸送されるすべてのモノの90%が海上輸送されています。海上貨物輸送は、陸路や空路よりも環境に優しい選択肢となっています。

船舶用エンジンや大型の定置式エンジンを監視するキスラーのソリューションは、筒内圧力の正確な測定に基づいています。最適化された燃焼プロセスが、資源の有効活用を実現する鍵となり、年間で最大2%の燃費向上を可能にします。また、この燃費向上により、環境問題につながるCO2排出量を年間エンジン1基あたり平均約200トン削減することも可能になります。

キスラーの流体力学試験ソリューションは、圧電式センサの特長に基づいています。開発者やエンジニアは、スロッシング、曳航、着水、モーダル試験など、様々な流体力学試験にこれらのシステムを活用しています。推進力に関して、弊社はキャビテーションおよびプロペラに起因するノイズと振動に対処するための効果的なソリューションを提供しています。環境問題に関する懸念の増加に応じて、静音性や消音性の重要度も高まっています。さらに、流体力学的な波の衝撃(「スラミング」と呼ばれる)は、海上構造体の保全と安全性を確保する上で非常に重要な要因となります。
 

キスラーのシリンダー圧力センサーは、大型エンジンの燃焼プロセスを持続的に最適化するのに役立ちます: CLCCシステム(クローズドループ燃焼制御)は、年間最大2%の燃料削減を可能にします。これは、船舶1隻あたり、年間約2,000トンのCO2削減に相当します!シリンダー圧の連続測定は、NOx排出を削減し、将来の代替燃料にも対応した予知保全を可能にします!