Kistler offers application specific measurement technology for towing tank, ship model and ditching tests.

曳航水槽試験、船舶モデル試験、着水試験

曳航水槽は、船舶モデルの多数の試験で重要な役割を果たします。その例として、曳航モデルと自走式モデル両方で実施される抵抗および推進力試験があります。曳航水槽は、船の操舵挙動を決定するためのスケールダウン試験でも使用されます。キスラーは、幅広い測定範囲に加え、高周波数と低周波数にも対応し、正確に準静的測定もできる多成分力センサと動力計で研究者をサポートしています。加速度計を使用して、力とモーメントと同時に加速度を測定する場合もあります。

用途範囲を拡張するため、Planar Motion Mechanism(PMM)またはComputerized Planar Motion Carriage(CPMC)などの装置を曳航水槽に追加することがあります。これらの装置は、斜めの流入と強制運動の影響による船舶または水中物体に作用する流体の力とモーメントを測定します。別の事例として、耐航性試験を実施するために曳航水槽に波発生装置を追加することもあります。

航空機の着水

用途は船舶に限定されません。いくつかのテストセンターでは、曳航水槽を使用して、ヘリコプターや航空機が緊急着水する間にどのような挙動を示すかを調査することもあります。 これらの着水シミュレーションでは、胴体を頭上レールの下に固定したモデル航空機を使用します。

幅広い力測定範囲とモーメント測定

圧電式技術では、チャージアンプ設定により、極めて高い負荷を受けた状態で、ごく小さな力変動の測定もできます。メリット:高い汎用性、小型、設置の容易さ。

高周波数/低周波数応答

圧電センサの剛性により、機械組立品を高い共振周波数にすることができ、その結果、より高周波数測定を行うことができます。高い絶縁性能を組み合わせた電荷出力方式をとることで準静的測定も可能です。

高精度

高い直線性と低いクロストークで実現

防水性能

力センサは、防水性能を確保するために溶接による気密性の高い設計がされています。ケーブルには、水中仕様専用に設計されたシールが装着されています。1698Aケーブルを3軸力センサに溶接することで、さらなる防水性を達成できます。

適した製品を探す