キスラーのKiTraffic Plusは、警察やその他の当局の負担を軽減する自動商用車取締システムである。

商用車の自動取締り

交通検問を成功させ、効率的に実施できるかどうかは、さまざまな要因に左右されます。走行車両重量計測(Weigh In Motion)に基づいた商用車の自動取締りシステムがあれば、警察や他の関係当局は車両を事前に選択できるようになり、必要なデータを検問手続きやそれ以降の手続きに直接速やかに利用できます。

Weigh In Motion+X:モジュール式の交通監視システムによって商用車の取締りをスムーズに行えるようになり、全てをシングルソースで提供

効率的な車両選択と交通監視

キスラーのKiTraffic Plus Weigh In Motionシステムは、正確な商用車取締りのための完全なソリューションを提供します。

走行車両重量計測(Weigh In Motion)では、重量と軸荷重のほか、様々なオプションパラメータ(寸法やタイヤの状態など)が自動的に記録されます。これにより、交通検問の成功率が著しく高まり、警察や他の関係当局の負担を軽減できます。

過積載などの違反を確実に記録

Software from Kistler for automated commercial vehicle enforcement supports users with data processing and transfer.

統合型車両ナンバープレート認識(LPR)と調整可能な制限機能により、交通違反にも直接対応することができます。ソフトウェア「Kistler Checkpoint」ではデータがリアルタイムで表示されるほか、フルバックオフィスソリューション「Kistler Studio」を活用すれば、その後の手続きを効率的に処理できるようになり、関係当局に転送することも可能になります。

優れた柔軟性 – 個別に適応可能なシステム

WeighInMotionシステムで記録できる要素。

モジュール式のトータルソリューション「KiTraffic Plus」は、商用車取締りシステムとして既存の警察の検問プロセスに個別に組込むことができます。また、既存のインフラに合わせて調整し、道路、トンネル、橋梁などの保護に寄与することもできます。詳細については日本キスラーまでお問い合わせください。

オールインワン:重量、軸荷重、速度、タイヤの状態、車両寸法を監視 – 「KiTraffic Plus」を使用して商用車を取締り、より安全な交通を実現

  • 危険車両を効率的に事前選択
  • 調整可能なオープンシステム
  • どんな気象条件下でも高い信頼性を発揮
  • 直観的に操作可能
  • 様々な違反に対して警報を設定可能
  • 幅広い用途に対応したソフトウェアパッケージ
  • キスラーの包括的なサービス